税理士のお仕事
相続対策ポイント
確定申告と贈与税
税務・経営コンサル
税金の還付請求とは
セカンドオピニオン
ワンストップサービス
対応エリア
新宿区・神楽坂・千代田区・中野区・文京区・港区・大田区・豊島区・台東区・渋谷区・中央区・世田谷区・目黒区・荒川区・板橋区、練馬区、江戸川区・北区・江東区・江戸川橋・飯田橋周辺
埼玉、千葉、神奈川など東京以外も対応可能

 
相続制還付請求が得な税理士
●相続税対策その1
  >>不動産をお持ちの方
●相続税対策その2
  >> 同居人の相続・配偶者への贈与
一度納めた税金が戻る場合があります。
最も多い事例は、土地評価。詳しくはこちら!

税金を納めることは、私たち納税者の義務です。しかし、節税することも納税者を守る私たち税理士の重要な課題でもございます。多種多様化の現代社会に於いて、税理士間でも得意分野が有り、特に相続時の土地の算出は納税額に大きな差が生じることになります。
磯部税理士事務所では税金の還付請求を得意とし数々のご相談を賜っております。
申告期限から5年以内であれば、その申告内容(特に土地の評価)を見直すことにより相続税の
還付を受ける
ことが出来る場合があります。

2013税改正

 1.相続関係 税改正前と改正後の詳細はこちら!
  【相続税】
  相続税・相続税の基礎控除の見直し  
       >>平成27年1月以降の相続税
  相続税率の見直し  
       >>平成27年1月以降の相続税率
  小規模宅地等の課税価格の計算の特例の見直し  
       >>平成27年1月以降の課税価格と特例
  【贈与税】 
  贈与税率の見直し  
       >>平成27年1月以降の贈与税
  教育資金の一括贈与に係る贈与税の非課税措置  
       >>平成25年4月以降の非課税
 2.法人税は、2014年に改正されました。  2013年〜税改正の詳細はこちら!
  復興特別法人税の1年前倒し廃止
    平成26年4月1日以後に開始する事業年度より法人税の額に10%の税率を乗じて計算した復興特別法人税を廃止する。
  所得拡大促進税制の見直し・拡充
    個人の所得水準の底上げをさらに促進していくため、制度を2年間延長するとともに従業員への給与などの支給額を基準事業年度から5%以上増加させるという要件を緩和し、平均給与等支給額の算定方法についてもより適用しやすくなりました。
控除額については、支給増加額の10%を法人税の税額控除として申請できます
  少額減価償却資産の特例の延長
    中小企業者等が取得価額30万円未満の減価償却資産を取得した場合には、全額の損金算入することができます。ただし、取得価額の合計額は300万円までとする。
この適用期間が2年間延長され、平成28年3月31日までとなります。
  交際費等のうち飲食費の50%の損金算入が可能
    全額損金不算入だった大企業(資本金1億円超)について、飲食のために支出する費用の50%までの損金算入が認められます。
中小法人については、800万円まで損金算入制度が2年間延長されます。
  【法人税・所得税】
 
商業・サービス業及び農林水産業を営む中小企業等の経営改善に向けた設備投資を促進するための税制措置の創設
      >>適用期間:平成25年4月1日から平成27年3月31日までに開始する各事業年度
       
 3.所得税 税改正の詳細はこちら!
  【所得税給与所得控除の上限の引き下げ】
  ※給与所得控除の上限額が下記の通り引き下げられます。
 
  現  行 平成28年分 平成29年分以降
給 与 収 入 1,500万円超 1,200万円超 1,000万円超
給与所得控除額 245万円  230万円  220万円 
  ゴルフ会員権等の譲渡損失の損益通算の見直し  
    ゴルフ会員権等の売却により生じた損失は、事業所得や給与所得など他の所得と通算することができましたが、平成26年4月1日以後は、損益通算を適用することができなくなりました。
  相続財産に係る譲渡所得の課税の特例の見直し
   

  (平成27年1月1日以後の、相続又は遺贈により取得した資産を譲渡する場合)

    相続や遺贈により取得した財産を相続税の申告期限より3年内に売却した場合には、相続税額の内、一定の金額を譲渡資産の取得費に加算することができるというものです。
この一定の金額について、土地等については土地等を売った人にかかった相続税額のうち、その者が相続や遺贈で取得したすべての土地等に対応する額でしたからその譲渡した土地等に対応する相続税額とする。
 4.消費税
    消費税の簡易課税制度のみなし仕入率について、次の通り一部見直しが行われます。
    金融業及び保険業 第4種(60%) ⇒ 第5種(50%)
    不動産業     第5種(50%)⇒ 第6種(40%)

今後益々、税理士業務に於いてもセカンドオピニオンの存在が、重要な役割となっています。
多種多様化する現代社会に於いて、税理士間でも得意分野が有り、特に土地が相続税の対象に有る場合、その算出の仕方で、相続税に大きな違いが出ます。
磯部税理士事務所では税金の還付請求を得意とし、数々のご相談を賜っております。

メールでのお問い合わせ